Loading...

岩国市で新築一戸建ての家を建てるならネストハウス

BLOG
ブログ

TOP > BLOG > ここでボケてっ

ここでボケてっ

LINEで送る

春の訪れを感じる竹内です。 明日登場する郷土代表・宇部鴻城高校の対戦相手は昨夏岩国高校と対戦した健大高崎。 また機動力でひっかきまわされて相手のペースにはまらないよう、健闘を祈っています。 さて、最近のブログで使われている写真(の一部)に、変化を感じた方はいらっしゃいませんか? 建物はなるべく広い画で撮りたいので広角レンズ搭載の会社用カメラで。ただ人物を中心に撮りたい時は ある程度寄れるレンズがいいので、最近は個人用カメラ(SONY)との”二刀流”で臨んでいます。 ストラップのカラーリングはさながら巨人vs阪神”伝統の一戦”。 一眼レフの醍醐味の一つとして、背景をボカして被写体を引き立たせた写真が撮れる点があります。 ただ、標準で付いているレンズでは案外ボケなくて物足りなさを感じる方も多いのでは? そこで登場するのが、”単焦点レンズ”。文字通り焦点距離が単一なので、ズームはできません。 ズームができない=撮りたい構図は近づいたり離れたり、自分の足で調整しないといけないので 慣れるまで不便に感じますが、明るくてボケ味を作りやすいという利点がこのレンズにはあります。 私も長らく一眼を使っていながらレンズの買い足しは(高価だし)躊躇していたのですが、 表現の幅も広がるし、冬のボーナス後に家族会議の可決を得て、晴れて購入に踏み切れました。 余談ですが昔(独身の頃)よく「価格.com」のデジカメ関連の掲示板で「家族会議」というキーワードを 頻繁に目にしていて「何でそんなのが必要なの?買いたければ買えばいいじゃん」って思っていましたが、 結婚してから実際に家族会議の必要性を痛いほど思い知っています(笑)。 で、実際にどれぐらい違うのか比較してみたのがこちら↓ 標準レンズ。全体にピントが合って、何を撮りたいのか主題がはっきりしません。 こちらが単焦点レンズ。背景がボケて、市瀬が引き立っています。 時と場合によりますが、人物や料理、雑貨などは単焦点レンズがおすすめ。 ここでボケてっ」って時にしっかり期待に応えてくれます。 ただし、単焦点レンズはピントが合う範囲が狭いので、「ピンボケしやすい」とも言えます。 背景はボケてもピントはボケないように。コツは”訓練あるのみ”です! もう少し詳しく写真のことを勉強してみたい方はこちら↓ 昨秋も好評を博しました寺下のぞみ先生による「可愛く残すフォトレッスン」、今年も開催します。 大切な家族のかけがえのない一瞬をキレイに撮る秘訣をやさしく教えて頂けますよ。 日時:2015年3月28日(土) 10:00~12:30 料金:2,700円(ペアで申し込むと2,500円) 持参物:お手持ちのカメラ (講義内容は一眼レフ前提ですが、 なければコンパクトデジカメやスマホでもOK) お問い合わせ先:0827-38-3177(生活雑貨のお店aina:担当平本)]]>

人気の記事

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
スタッフ別
カテゴリー別
アーカイブ別
来店予約・モデルハウスご見学はこちら | 岩国市で新築一戸建てならネストハウス
来店予約・モデルハウスご見学はこちら